食品の衛生状態を保つための秘策

我が家では、小さなこどもがいることから食品の衛生状態には特に気を付けるようにしています。

特に魚や肉などの鮮度が大切な生ものに関しては、衛生状態を維持できるように購入したらすぐに冷蔵庫のチルドルームに入れるようにしています。

チルドルームに入れておくと、冷凍する状態の一歩手前になることから普通に冷蔵庫に入れるよりもより新鮮な状態を保つことが可能なので、いつも積極的に活用しています。また買ってきたその日に使用しない食材については、たとえ消費期限にまだ余裕があったとしてもトレーから取り出してラップにくるんで袋に入れ、冷凍庫に入れるなど鮮度を失わないように気を付けています。

ただ冷凍庫に入れた肉や魚に関しては一旦冷凍すればずっと鮮度が保たれるわけではないので、購入してから1週間以内に使っています。

食品の衛生状態を保つためには冷蔵庫の活用が必須だと思っています。で、そんな冷蔵庫の掃除欠かせないのが除菌スプレー。しっかりと衛生状態を保つために、さっとひとふきしてきれいにしてから冷蔵庫に入れます。

こうすることで、除菌はもちろん、冷蔵庫の掃除もできて一石二鳥!

なかでもおすすめの除菌スプレーはこちらです。

付属の調味料を使って

焼きそばの粉、お肉のスパイス、ラーメンのスープのもと、お刺身の酢みそ…食材を買うと一緒についてくる調味料って、たくさんありますよね。

もちろん、それらは一回の調理で使い切ることを前提についてきますが、いかんせんしょっぱいですよね。かといって使わなかった分を捨てるのは忍びないですし…。

そこで、おすすめなのが、残った添付調味料を野菜のナムルに転用するという活用法です。こういった調味料は、そのメーカーが研究に研究を重ね完成させたおいしい味ですから、活用しない手はありませんし、旨味がぎゅっと詰まった調味料は、素朴すぎる味になりがちな野菜をグレードアップさせるのにぴったりなんですよ。

例えば、ラーメンのスープのもとを3分の1程度余らせて、ラーメンを少しだけ減塩します。同時に湯がいておいたもやしに余らせたスープのもとを和えるだけで、ナムルの作り置きのできあがりです。

自分ではなかなか出せないお店の味になりますよ。

ちょっとセコいかもしれませんが、おいしく減塩もできるこの活用法、おすすめです。

ちょっとした料理キット気分ですね。

ちなみに本格的な料理キットが気になる方にはこちらの料理キット宅配比較がおすすめです。